Zend Framework に同梱されている標準のフォーム要素

Zend Framework には標準でいくつかの具象要素クラスが組み込まれており、 HTML フォーム要素の大半を網羅しています。 そのほとんどは特定のビューヘルパーを指定して要素をデコレートするだけのものですが、 追加機能を提供しているものもあります。 ここでは、標準の要素クラスとその機能についての説明をまとめます。

Zend_Form_Element_Button

HTML の button 要素を作成する際に使用します。 Zend_Form_Element_ButtonZend_Form_Element_Submit を継承して独自の機能を追加したものです。 'formButton' ビューヘルパーでデコレートを行います。

submit 要素と同様、要素のラベルを表示時の値として使用します。 つまり、ボタンのテキストを設定するにはその要素の value を設定します。 翻訳アダプタが存在するときは、ラベルも翻訳されます。

ラベルも要素の一部なので、button 要素は ViewHelper デコレータと DtDdWrapper デコレータのみを使用します。

フォームの表示や検証の後で、 そのボタンが押されたかどうかを調べたい場合は isChecked() メソッドを使用します。

Zend_Form_Element_Captcha

CAPTCHAs は、ボットやその他の自動処理プロセスからの自動送信を防ぐための仕組みです。

Captcha フォーム要素は、フォームの captcha でどの Zend_Captcha アダプタ を使用するかを選択できます。 それからこのアダプタをオブジェクトのバリデータとして設定し、 CAPTCHA デコレータを使用してレンダリングを行います (CAPTCHA アダプタへのプロキシとなります)。

アダプタとしては Zend_Captcha の任意のアダプタを使用でき、また別途定義したその他のアダプタも使用できます。 そのためには、プラグインローダのプレフィックスパスを指定する際に 追加のキー 'CAPTCHA' あるいは 'captcha' を指定します。

  1. $element->addPrefixPath('My_Captcha', 'My/Captcha/', 'captcha');

CAPTCHA を登録するには setCaptcha() メソッドを使用します。ここには、具象インスタンスあるいは CAPTCHA アダプタの短い名前を指定します。

  1. // 具象インスタンス
  2. $element->setCaptcha(new Zend_Captcha_Figlet());
  3.  
  4. // 短い名前
  5. $element->setCaptcha('Dumb');

設定経由で要素を読み込みたい場合は、キー 'captcha' の値に配列 (キー 'captcha' を含むもの) を指定するか、 キー 'captcha' と 'captchaOptions' の両方を指定します。

  1. // 単一の captcha キーの使用
  2. $element = new Zend_Form_Element_Captcha('foo', array(
  3.     'label' => "あなたが人間かどうかを確認します",
  4.     'captcha' => array(
  5.         'captcha' => 'Figlet',
  6.         'wordLen' => 6,
  7.         'timeout' => 300,
  8.     ),
  9. ));
  10.  
  11. // captcha と captchaOptions の使用
  12. $element = new Zend_Form_Element_Captcha('foo', array(
  13.     'label' => "あなたが人間かどうかを確認します",
  14.     'captcha' => 'Figlet',
  15.     'captchaOptions' => array(
  16.         'captcha' => 'Figlet',
  17.         'wordLen' => 6,
  18.         'timeout' => 300,
  19.     ),
  20. ));

使用するデコレータは、captcha アダプタの設定によって決まります。 デフォルトでは Captcha デコレータ を使用しますが、 getDecorator() メソッドで別のアダプタを指定することもできます。

captcha アダプタそれ自体は、要素のバリデータとして動作することに注意しましょう。 さらに、NotEmpty バリデータは用いず、 その要素は必須指定となります。 ほとんどの場合は、フォームに captcha を表示させるために特に何もする必要はないでしょう。

Zend_Form_Element_Checkbox

HTML のチェックボックスは指定した値を返すことができます。 しかし、基本的には boolean として扱います。 チェックされている場合はその値が送信され、 チェックされていない場合はなにも送信されません。 内部的に、Zend_Form_Element_Checkbox はこの状態を強制します。

デフォルトでは、チェックされているときの値は '1' でチェックされていないときの値は '0' です。 使用する値を指定するには、アクセサ setCheckedValue() および setUncheckedValue() をそれぞれ使用します。内部的には、この値を設定すると、 渡された値が checked 値と一致する場合はその値を設定しますが、 それ以外の値が渡された場合は unchecked 値を設定します。

さらに、値を設定するとチェックボックスの checked プロパティも設定されます。 この内容を確認するには、 isChecked() を使用するか、単純にそのプロパティにアクセスします。 setChecked($flag) メソッドを使用すると、 フラグの状態を設定すると同時に checked 値あるいは unchecked 値のいずれか適切なほうを要素の値として設定します。 チェックボックス要素のチェック状態を設定するときには、 このメソッドを使用してプロパティが適切に設定されるようにしましょう。

Zend_Form_Element_Checkbox は 'formCheckbox' ビューヘルパーを使用します。 値としては常に checked 値を使用します。

Zend_Form_Element_File

File フォーム要素は、ファイルアップロード用のフィールドをフォームに用意します。 Zend_File_Transfer を内部で使用してこの機能を実現しており、 FormFile ビューヘルパーと File デコレータでフォーム要素を表示しています。

デフォルトでは、Http 転送アダプタを使用します。 これは $_FILES 配列の中身を読み取り、 バリデータやフィルタを使用できるようにします。 フォーム要素にアタッチされたバリデータおよびアダプタが、 この転送アダプタにアタッチされます。

Example #1 File フォーム要素の使用法

上の説明だけでは File フォーム要素を使うのが難しく感じられるかもしれません。 でも、実際に使ってみると比較的簡単なものです。

  1. $element = new Zend_Form_Element_File('foo');
  2. $element->setLabel('Upload an image:')
  3.         ->setDestination('/var/www/upload');
  4. // ファイルはひとつだけ
  5. $element->addValidator('Count', false, 1);
  6. // 最大で 100K
  7. $element->addValidator('Size', false, 102400);
  8. // JPEG、PNG および GIF のみ
  9. $element->addValidator('Extension', false, 'jpg,png,gif');
  10. $form->addElement($element, 'foo');

また、正しいエンコード形式をフォームに指定する必要があります。 'multipart/form-data' を使用しなければなりません。 これは、フォームの 'enctype' 属性で指定します。

  1. $form->setAttrib('enctype', 'multipart/form-data');

フォームの検証が成功したら、 receive() でファイルを受信して最終的な場所に保存しなければなりません。 さらに、最終的な場所を取得するには getFileName() を使用します。

  1. if (!$form->isValid()) {
  2.     print "あららら... 検証エラー";
  3. }
  4.  
  5. if (!$form->foo->receive()) {
  6.     print "ファイル受信エラー";
  7. }
  8.  
  9. $location = $form->foo->getFileName();

Note: デフォルトのアップロード先
デフォルトでは、システムの temp ディレクトリにファイルがアップロードされます。

Note: File の値
HTTP 内で、file 要素は値を持ちません。 したがって、またセキュリティ上の理由もあって、 getValue() ではアップロードしたファイル名だけしか取得できません。 完全パスを取得することはできません。完全な情報が欲しい場合は、 getFileName() をコールすればパスおよびファイル名が得られます。

Note: getFileName() の返り値
getFileName() メソッドによって返される結果は、 how many files the Zend_Form_Element_File uploaded によって変わります。

  • 単一のファイル: 単一のファイル名を含む文字列。

  • 複数のファイル: 配列。各要素は、単一のファイル名を含む文字列です。

  • ファイル無し: 空の配列


デフォルトでは、フォーム上で getValues() をコールしたときにファイルが自動的に受信されます。 このような挙動となる理由は、ファイルそのものが file 要素の値となるからです。

  1. $form->getValues();

Note: したがって、 getValues() をコールした後に改めて receive() をコールしても何も影響を及ぼしません。また、 Zend_File_Transfer のインスタンスを作成しても何も影響を及ぼしません。 受信すべきファイルはもうないからです。

しかし、ファイルを受信せずに getValues() をコールしたい場合もあるかもしれません。 そのような場合は setValueDisabled(true) をコールします。 このフラグの値を取得するには isValueDisabled() をコールします。

Example #2 明示的なファイルの取得

まずは setValueDisabled(true) をコールします。

  1. $element = new Zend_Form_Element_File('foo');
  2. $element->setLabel('Upload an image:')
  3.         ->setDestination('/var/www/upload')
  4.         ->setValueDisabled(true);

これで、 getValues() をコールしてもファイルは取得されなくなります。 したがって、file 要素上で receive() をコールするか、 あるいは Zend_File_Transfer のインスタンスを自分で作成しなければなりません。

  1. $values = $form->getValues();
  2.  
  3. if ($form->isValid($form->getPost())) {
  4.     if (!$form->foo->receive()) {
  5.         print "Upload error";
  6.     }
  7. }

アップロードされたファイルの状態については、次のメソッドで調べることができます。

  • isUploaded(): file 要素がアップロード済みかどうかを調べます。

  • isReceived(): file 要素を既に受信済みかどうかを調べます。

  • isFiltered(): フィルタが file 要素に適用済みかどうかを調べます。

Example #3 オプションのファイルがアップロードされたかどうかの確認

  1. $element = new Zend_Form_Element_File('foo');
  2. $element->setLabel('Upload an image:')
  3.         ->setDestination('/var/www/upload')
  4.         ->setRequired(false);
  5. $element->addValidator('Size', false, 102400);
  6. $form->addElement($element, 'foo');
  7.  
  8. // file 要素 foo はオプションですが、もしアップロードされた場合はここに到達します
  9. if ($form->foo->isUploaded()) {
  10.     // foo がアップロードされたので、ここで何かをします
  11. }

Zend_Form_Element_File は複数のファイルもサポートしています。 setMultiFile($count) メソッドをコールすると、 作成したい file 要素の数を設定できます。 これを使えば、同じ設定を何度も行う手間が省けます。

Example #4 複数のファイルの設定

複数の要素を作成する方法は、単一の要素を作成する場合と同じで、 作成した後にさらに setMultiFile() をコールするだけです。

  1. $element = new Zend_Form_Element_File('foo');
  2. $element->setLabel('Upload an image:')
  3.         ->setDestination('/var/www/upload');
  4. // ファイルの数を最小で 1、最大で 3 とします
  5. $element->addValidator('Count', false, array('min' => 1, 'max' => 3));
  6. // 100K までに制限します
  7. $element->addValidator('Size', false, 102400);
  8. // JPEG, PNG, および GIF のみを有効とします
  9. $element->addValidator('Extension', false, 'jpg,png,gif');
  10. // 3 つの file 要素を作成します
  11. $element->setMultiFile(3);
  12. $form->addElement($element, 'foo');

ビューにおいて、同じ設定のファイルアップロード要素が 3 つ取得できます。 現在設定されている値を取得するには getMultiFile() をコールします。

Note: サブフォームにおける File 要素
file 要素をサブフォーム内で使う場合は、一意な名前を設定する必要があります。 subform1 の file 要素を "file" という名前にしたのなら、 subform2 ではそれと違う名前にしなければなりません。
同名の file 要素が複数存在した場合、 後から登場した要素は表示 (送信) されません。
さらに、file 要素はサブフォーム内ではレンダリングされません。 file 要素をサブフォームに追加する場合は、 要素のレンダリングをメインフォームで行うことになります。

アップロードされるファイルのサイズを制限するには、 フォームで受け付けるファイルサイズの最大値も設定しなければなりません。 受け付けるサイズをクライアント側で制限するには、form のオプション MAX_FILE_SIZE を設定します。この値を setMaxFileSize($size) メソッドで設定すると、 それが file 要素のレンダリング時に用いられます。

  1. $element = new Zend_Form_Element_File('foo');
  2. $element->setLabel('Upload an image:')
  3.         ->setDestination('/var/www/upload')
  4.         ->addValidator('Size', false, 102400) // 100K までに制限します
  5.         ->setMaxFileSize(102400); // ファイルサイズをクライアント側で制限します
  6. $form->addElement($element, 'foo');

Note: 複数の file 要素がある場合の MaxFileSize
複数の file 要素をフォームで使用する場合は、 MAX_FILE_SIZE を設定する必要があるのは一度だけです。 複数回設定すると、後から設定した値がそれまでの値を上書きします。
また、複数のフォームを使用する場合であってもこれがあてはまることに注意しましょう。

Zend_Form_Element_Hidden

Hidden 要素はただ単にデータを送信するだけのもので、 ユーザはその値を変更してはいけません。 Zend_Form_Element_Hidden は、この機能を 'formHidden' ビューヘルパーで実現します。

Zend_Form_Element_Hash

この要素は CSRF 攻撃からフォームを保護するものです。 送信されたデータがもとのフォームのユーザセッションからのものである (悪意のあるスクリプトからのものではない) ことを保証できるようにします。 これを実現するために、フォームにハッシュ要素を追加して あとでそのハッシュを検証するようにしています。

ハッシュ要素の名前は一意なものでなければなりません。 この要素ではオプション salt を使うことを推奨します。 名前が同じでも salt が異なればハッシュは衝突しません。

  1. $form->addElement('hash', 'no_csrf_foo', array('salt' => 'unique'));

salt は、後から setSalt($salt) メソッドを使って設定することもできます。

内部的には、この要素は一意な ID を Zend_Session_Namespace を用いて保存しており、 送信されたときにその内容 (TTL が期限切れになっていないかどうか) をチェックしています そして、'Identical' バリデータを使用して、 送信されたハッシュと保存されているハッシュを比較します。

'formHidden' ビューヘルパーを使用して要素をフォームにレンダリングします。

Note: Zend_Form_Element_Hash を含むフォームをテスト
When unit testing a form containing a Zend_Form_Element_Hash it is necessary to call initCsrfToken and initCsrfValidator before attempting to validate the form. The hash value of the Zend_Form_Element_Hash element must also be injected into the array of values passed as the argument to Zend_Form::isValid

Example #5 Simple example of testing a CSRF-protected form

  1. public function testCsrfProtectedForm()
  2. {
  3.     $form = new Zend_Form();
  4.     $form->addElement(new Zend_Form_Element_Hash('csrf'));
  5.  
  6.     $csrf = $form->getElement('csrf');
  7.     $csrf->initCsrfToken();
  8.     $csrf->initCsrfValidator();
  9.  
  10.     $this->assertTrue($form->isValid(array(
  11.         'csrf' => $csrf->getHash()
  12.     )));
  13. }

Zend_Form_Element_Image

画像もフォーム要素として使用できます。 これを用いると、フォームのボタンにグラフィカルな要素を指定したりできます。

この要素には、元となる画像が必要です。 Zend_Form_Element_Image では、それを setImage() アクセサ (あるいは設定キー 'image') で設定します。 また、画像を submit したときに使用する値は、 setImageValue() アクセサ (あるいは設定キー 'imageValue') でオプションとして設定できます。 その要素に設定された値が imageValue とマッチした場合、アクセサ isChecked()TRUE を返します。

Image 要素はその value を元画像として使用し、 Image デコレータ でレンダリングを行います (それ以外に標準のデコレータ Errors、HtmlTag および Label も使用します)。 オプションのタグを Image デコレータに指定すると、 それで image 要素をラップできます。

Zend_Form_Element_MultiCheckbox

関連する複数のチェックボックスをひとまとめにし、 結果をグループ化して扱いたいこともあるでしょう。ちょうど Multiselect に似ていますが、ドロップダウンリストではなく チェックボックス形式で表示させたいのです。

Zend_Form_Element_MultiCheckbox は それを行うためのものです。Multi 要素を継承したその他の要素を同様に、 選択肢のリストを指定してそれらを同じ方法で検証できます。 'formMultiCheckbox' ビューヘルパーを使用して、 フォームの送信内容を配列で返すようにします。

デフォルトでは、この要素は InArray バリデータを登録します。このバリデータは、 登録されたオプションの配列のキーに対して検証を行います。 この振る舞いを無効にするには setRegisterInArrayValidator(false) をコールするか、あるいは設定キー registerInArrayValidatorFALSE 値を渡します。

チェックボックスのオプションを操作するには、 次のメソッドを使用します。

  • addMultiOption($option, $value)

  • addMultiOptions(array $options)

  • setMultiOptions(array $options) (既存のオプションを上書きします)

  • getMultiOption($option)

  • getMultiOptions()

  • removeMultiOption($option)

  • clearMultiOptions()

チェックされた項目を指定するには、値の配列を setValue() に渡す必要があります。 次の例は、値 "bar" と "bat" をチェックします。

  1. $element = new Zend_Form_Element_MultiCheckbox('foo', array(
  2.     'multiOptions' => array(
  3.         'foo' => 'Foo Option',
  4.         'bar' => 'Bar Option',
  5.         'baz' => 'Baz Option',
  6.         'bat' => 'Bat Option',
  7.     )
  8. ));
  9.  
  10. $element->setValue(array('bar', 'bat'));

値をひとつだけ指定する場合でも、配列形式でなければならないことに注意しましょう。

Zend_Form_Element_Multiselect

XHTMLselect 要素には 'multiple' 属性を指定できます。 これは、普通の要素ではなく複数項目を選択できる要素を表します。 Zend_Form_Element_Multiselect は、 Zend_Form_Element_Select を継承して multiple 要素を 'multiple' に設定したものです。基底クラス Zend_Form_Element_Multi を継承したその他のクラスと同様、以下のメソッドでオプションを操作できます。

  • addMultiOption($option, $value)

  • addMultiOptions(array $options)

  • setMultiOptions(array $options) (既存のオプションを上書きします)

  • getMultiOption($option)

  • getMultiOptions()

  • removeMultiOption($option)

  • clearMultiOptions()

フォームや要素に翻訳アダプタが登録されている場合は、 表示時にオプションの値が翻訳されます。

デフォルトでは、この要素は InArray バリデータを登録します。このバリデータは、 登録されたオプションの配列のキーに対して検証を行います。 この振る舞いを無効にするには setRegisterInArrayValidator(false) をコールするか、あるいは設定キー registerInArrayValidatorFALSE 値を渡します。

Zend_Form_Element_Password

Password 要素は、基本的には通常の text 要素と同じです。 しかし、フォームの再描画時やエラーメッセージなどに 入力内容を表示させないようにします。

Zend_Form_Element_Password は、これを実現するために 各バリデータ上で setObscureValue(true) (検証エラーの際のメッセージでパスワードを表示させない) をコールし、'formPassword' ビューヘルパー (渡された値を表示しない) を使用します。

Zend_Form_Element_Radio

Radio 要素は、いくつかの選択肢を指定してその中から ひとつを選ばせるためのものです。 Zend_Form_Element_Radio は規定クラス Zend_Form_Element_Multi を継承したもので、 複数のオプションを指定できます。そして、それを表示するために formRadio ビューヘルパーを使用します。

デフォルトでは、この要素は InArray バリデータを登録します。このバリデータは、 登録されたオプションの配列のキーに対して検証を行います。 この振る舞いを無効にするには setRegisterInArrayValidator(false) をコールするか、あるいは設定キー registerInArrayValidatorFALSE 値を渡します。

Multi 要素基底クラスを継承したその他のクラスと同様、 以下のメソッドでラジオボタンの表示オプションを操作できます。

  • addMultiOption($option, $value)

  • addMultiOptions(array $options)

  • setMultiOptions(array $options) (既存のオプションを上書きします)

  • getMultiOption($option)

  • getMultiOptions()

  • removeMultiOption($option)

  • clearMultiOptions()

Zend_Form_Element_Reset

Reset ボタンはフォームの入力内容をクリアするために使用します。 データは送信されません。しかし、表示時の役割があるため、 標準要素のひとつとして組み込まれています。

Zend_Form_Element_ResetZend_Form_Element_Submit を継承しています。ボタンの表示時にはラベルを使用し、 翻訳アダプタが存在する場合はそれが翻訳されます。 この要素が使用するデコレータは 'ViewHelper' と 'DtDdWrapper' のみです。 この要素にはエラーメッセージがなく、またラベルも必須ではないからです。

Zend_Form_Element_Select

セレクトボックスは、指定したデータの中から選択させたいときに使用するものです。 Zend_Form_Element_Select は、 セレクトボックスをお手軽に作成します。

デフォルトでは、この要素は InArray バリデータを登録します。このバリデータは、 登録されたオプションの配列のキーに対して検証を行います。 この振る舞いを無効にするには setRegisterInArrayValidator(false) をコールするか、あるいは設定キー registerInArrayValidatorFALSE 値を渡します。

Multi 要素を継承したその他のクラスと同様、 以下のメソッドでオプションを操作できます。

  • addMultiOption($option, $value)

  • addMultiOptions(array $options)

  • setMultiOptions(array $options) (既存のオプションを上書きします)

  • getMultiOption($option)

  • getMultiOptions()

  • removeMultiOption($option)

  • clearMultiOptions()

Zend_Form_Element_Select は 'formSelect' ビューヘルパーでデコレートを行います。

Zend_Form_Element_Submit

Submit ボタンはフォームの内容を送信するための要素です。 複数の submit ボタンを使用することもできます。 どの submit ボタンでデータを送信したかによって、 どのアクションを実行するのかを切り替えることができます。 Zend_Form_Element_Submit では、この判断をしやすくするために isChecked() メソッドを用意しています。 フォームから送信される submit ボタンはひとつだけなので、 各 submit 要素に対してこのメソッドをコールすることで どのボタンが押されたのかを判断できます。

Zend_Form_Element_Submit はラベルを submit ボタンの "値" として使用します。翻訳アダプタが存在する場合はこれを翻訳します。 isChecked() は、送信された値をこのラベルと比較し、 そのボタンが押されたのかどうかを判断します。

ViewHelper デコレータと DtDdWrapper デコレータを使用して要素をレンダリングします。label デコレータは使用しません。要素のレンダリング時にはボタンのラベルを使用するからです。 また、一般的には submit 要素にはエラーを関連付けません。

Zend_Form_Element_Text

最もよく用いられているフォーム要素は text 要素です。 これはテキスト入力用の要素で、大半の入力項目に適しています。 Zend_Form_Element_Text は、単純に 'formText' ビューヘルパーを使用して要素を表示します。

Zend_Form_Element_Textarea

Textarea は大量のテキストを入力させるために使用します。 テキストの量に制限を設けません (サーバや PHP の設定による制限は除きます)。 Zend_Form_Element_Textarea は 'textArea' ビューヘルパーを使用して要素とその値を表示します。

blog comments powered by Disqus